カウンター

プロフィール

不良おやぢ

Author:不良おやぢ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今日も大漁

天気が良いと釣りに行くことが多い、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

カミサンのたっての希望で「○田漁港」に釣りに行くことになりました。前回は結構な釣果があり、今回も期待が持てます。

午後2時過ぎからスタートしたんで、防波堤の先では外海に向かって釣りをしている家族が結構いました。

20140928_01.jpg

ビビリのカミサンの意見に従って、車を横付けできる港内で糸を垂らします。カミサンとTはサビキで、不良おやぢはヒラメ狙いの投げ釣りです。

20140928_02.jpg

カミサンとTか快調に次々とサバやアジを釣り上げていましたが、ヒラメ狙いの不良おやぢには目立った釣果がありません。
そんな中、アタリがキター!って釣り上げたのがタコでした。w( ̄o ̄)w オオー!

20140928_03.jpg

あと、タイ?も釣れました。
写真だと比較物がないんで大きく見えますが、極小です。σ(^_^;)アセアセ...

20140928_04.jpg

本日の釣果は39匹です。ふぐを入れると40匹は越えたな。
お店で売ってるような太いサバなんかも釣れて今回も大漁でした。

20140928_05.jpg

釣った魚はカミサンが素揚げにしてくれたので美味しくいただきました。

20140928_06.jpg

実利があるレジャーは楽しいですね。(o^∇^o)ノ
スポンサーサイト

黒石と言えば・・・

秋分の日は黒石にお出かけした、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

Tが昼前にのこのこ起きてきて「黒石焼きそば」食べたいって言うんで、黒石と言えば定番の「秋元食堂」に行くことにしました。実は行くのは初めてなんですよね。

13時過ぎに到着したところ、車が1台駐まっていました。中には中年の夫婦が1組だけなので、ゆったり座ることができました。

20140923_01.jpg

焼きそばは、量に応じて350円,450円,550円,650円,750円の5種類に分かれています。初めてなんで量が分からず、おばちゃんに「550円ってどのくらい?」って聞いたら、老夫婦のおとうさんが「これくらいだよ」って自分が食べている皿を見せてくれました。アリガト!(´▽`)

20140923_02.jpg

おなかペコペコのTが注文したのは「焼きそばとつゆ焼きそばのセット」600円です。つゆ焼きそばのつゆは和風出汁で、両方を堪能できるお得なセットです。

20140923_03.jpg

550円の皿を見て頼んだのが650円の焼きそばです。比較するスケールが無いんで大きさが分からないと思いますが、30cmくらいの大皿です。

麺は太平麺で、これぞ黒石焼きそばって感じです。焼きそばはつゆがないんで、麺の量が多くても結構食べられますね。
うまひー(o^∇^o)ノ

20140923_04.jpg

食べてる間にも、地元の若い人が2組持ち帰りで購入しに来ました。長く地元に愛されているお店はイイですね。


黒石の町中に青森で有名な「浅草焼き」を発見しました。甘いものは別腹なんでおやきを購入です。
Tがソフトも食べたーいって言うんで、ミニサイズも注文しました。

20140923_06.jpg

小豆煮出し汁入りだけあって、色が薄い小豆色です。

20140923_07.jpg

お腹が満たされたあとは、不良おやぢ待望の「100円温泉」です。黒石ICを弘前方向に走ると道の駅の手前に左側にあります。奥まっているんで、最初は通り過ぎちゃいました。σ(^_^;)

車が8台ほど駐まっていて、秋田ナンバーがあるかと思えば神戸ナンバーまでありました。人気の様が伺えます。

20140923_08.jpg

料金箱にTの分と併せて200円を入れます。泉質は珍しいモール泉(茶色のお湯)で勿論源泉掛け流しです。温度も42℃と適温で体があったまりました。気持ちイイー

20140923_09.jpg

中には5人程入っていたんで写真はありません。お風呂場の窓から見える岩木山は絶景でした。

20140923_10.jpg

青森市からは40Km程と近いんで、焼きそば食べたくなったら来ます。

豪ーめん(青森店)

天気が良かったんで、三内温泉に行った不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

ホームグランドにしている三内温泉はぽかぽか温まるんで夏は汗が引かなくて大変です。でも、9月後半にもなると秋風が吹くようになり気持ち良く入浴できるんで良い季節になります。
源泉掛け流しの硫黄泉は最高ー!

20140920_01_20140923184450897.jpg

さて、体が温まって家に帰るとTがらーめんを食べに行きたいとの事なので、新規開拓で豪ーめんにいってみることにしました。
場所は、西バイパスで万八らーめんが有ったところで居抜きで利用しています。

20140920_02_20140923184453331.jpg

二郎系インスパイア店との触れ込みでしたが、チェーン店だけあって醤油の他に味噌やつけ麺なんかもありメニューが豊富です。

20140920_03_20140923184455f3f.jpg

Tが注文したのは醤油豪ーめんです。野菜増しなどの注文は別料金になるのが残念です。半券を受け取りにくときにニンニクを入れるかを聞かれます。麺は二郎系ほどは太麺ではなく、どちらかと言うと札幌ラーメンのような黄色い太麺です。スープは焦し醤油味です。
二郎系を上品にしたような感じですが、インパクトは薄いかな。

20140920_04_2014092318445738a.jpg

不良おやぢが注文したのは、まかないから生まれた「たまねぎラーメン」です。期待のタマネギですが、長ネギより辛味があり、豚骨醤油の脂っこさを中和してくれます。

20140920_06_20140923184458150.jpg

店内は座席数が多く、家族連れが沢山いました。らーめんファミレスとして人気があるようです。

20140920_07_20140923184519e7c.jpg

チェーン店のためなのか、二郎系としては野菜増しが有料だったり、ご飯が有料(100円で漬け物とライスのバイキング)だったりと、細かいことで単価アップするのが気になりました。

いわき湯本の共同浴場

石炭・化石館を堪能したあとは、温泉に向かった不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

いわき市といえば、スパリゾートハワイアンズに代表されるようにいわき湯本の温泉が有名です。石炭・化石館でも見たように、炭坑を掘削するときに出てきた温泉をりようしてるのかな。

温泉の前に、まずは腹ごしらえです。ほるるから10分ほどのところある「お食事処かわさき」に行くことにしました。

20140921_01.jpg

温泉街と言うよりは寂れた地方の商店街って雰囲気の町並みに、お目当てのお店があります。

20140921_02.jpg

祝日のお昼過ぎなのにお客は不良おやぢだけでした。小上がりもあるんで、夜は小さい宴会ができそうです。
外には出前カブがあるんで出前がメインなのかな?

20140921_03.jpg

らーめんを中心にセットモノの定食もあります。いずれの品もボリュームたっぷりで食べ応えがありそうです。

20140921_04.jpg

注文したのは。スーラーメンです。
どんぶり一杯に盛られたスープが圧巻です。あんかけで熱々で酸っぱ辛いスープをすすりつつ、むせながら美味しく頂きました。ウマイーヽ(*^^*)ノ

20140921_06_20140921013145d80.jpg

お腹が一杯になったところで、いわき湯本で一番有名な共同浴場「さはこの湯」に入湯です。共同浴場とは思えないりっぱな作りですが、お値段は230円とリーズナブルでした。

20140921_07.jpg

中も純和風です。男風呂と女風呂は日替わりで入れ替わるそうですが、今日の男風呂は8角形の大浴槽が中央にあり、その横に2人ほど入れるく小浴槽があります。お湯は硫黄の香りがしてゆったりできました。

20140921_08.jpg

せっかくなんで帰りのバスを一本遅らせて、「さはこの湯」から徒歩で10分くらいのところにある、共同浴場の「上ノ湯」にハシゴします。
こんな閑静な住宅街に共同浴場なんてあるの?って想いながら歩いて向かいます。

20140921_10JPG.jpg

一見、民家にみえるこの建物が「上ノ湯」です。2階は集会場になっているらしく、地元の憩いの場になっているようです。
入湯料100円をは払ってお湯を頂きます。

20140921_11.jpg

泉質は「さはこの湯」と違って、無色透明のあついお湯でした。硫黄の香りもあまり感じられませんでした。

いやー1日に2回も温泉に入ったんで、帰りはバス停でウトウトしちゃいました。イイ温泉は眠くなりますからね。
なかなかいわき市まで来る機会がないので、2湯も入れてヨカッタです。(o^∇^o)ノ

いわき市石炭・化石館 ほるる

9月の3連休は仕事をしていた、不良おやぢです。ドモ ヾ(’-’*) ド o(’▽’)o モ (*’-’)ノ ドモ

9月14日(日)は福島県いわき市で仕事をしており、敬老の日である15日は中休みが取れたので市内にある「石炭化石館ほるる」に行ってみることにしました。

いわき駅前から湯本経由の小名浜行きのバスに乗って30分ほどで「温泉入り口」と言うバス停で降ります。そこから5分程歩くと「ほるる」があります。
ほとんどが自動車でくるようでバスで降りる人はいませんでした。σ(^_^;)

20140920_01.jpg

入り口横の噴水には首長竜のオブジェがあり気分が高まります。

20140920_02.jpg

化石だけではなく炭鉱の見学もできるので「坑夫の像」もありました。

20140920_03.jpg

入り口で650円を払って館内に入ると、エントランスで鯨の骨格が出迎えてくれます。でっけーw( ̄o ̄)w オオー!

20140920_04.jpg

中央の広場にはいろいろな化石標本があります。これは体長6mにもなるエレモテリウムというナマケモのレプリカです。
なんか、ナウシカに出てく巨神兵みたですね。口からピーってレーザーが出そうな雰囲気があります。

20140920_05.jpg

中央には巨大な首長竜やマメンチサウルスが展示しています。空中につるされているので、まるで海の中を回遊しているような感じです。もはや自分はエサの気分になっちゃいますね。

20140920_06.jpg

プリオサウルスです。でっかい口に歯がすんごい!

20140920_07.jpg

海竜だけではなく鳥竜も展示しています。

20140920_08.jpg

一部の展示物は実物に触ることができます。恐竜の卵の化石やウンコの化石なんかを触ることができます。

20140920_09.jpg

子供に人気?のトリケラトプスです。3本の角と大きなエリが人気の秘密なんですかね。

20140920_10.jpg

こっちは名前を忘れたけど肉食恐竜です。ガオー!!

20140920_11.jpg

じっくり1時間くらいみてしまいました。この化石群は凄い迫力でした。

20140920_13.jpg

2階の学習コーナーを抜けて、外の炭坑エリアに向かいます。
「湯本第六坑人車坑」を地上から見ることができます。このトロッコにのって奈落の底に降りていくようです。

20140920_14.jpg

戦後の復興期、昭和天皇も激励に来たそうです。

20140920_15.jpg

炭坑の中は綺麗に整備されていて、炭坑の初期から最盛期までを分かりやすく人形展示しています。

20140920_16.jpg

炭坑作業は狭い空間で高温なため、定期的に水風呂に入って体を冷ます必要があったそうです。採掘を進めると大量の水が出てくるので、それを利用したのかな?

20140920_17.jpg

出口のエントランスでは首長竜の化石標本が展示しています。

20140920_18.jpg

いやー素晴らしい! 周りの人に聞いたけどあまり評判が良くなかったんですが、実物を目の前で見ると凄い迫力でした。

仙台の人がいつも食べられると思うから牛タンをめったに食べないのと一緒で、いわきのひとはいつでも見られると思うんで中々行かないんですかね。

そんなに展示内容は変わらないとは思いますが、一度は見て損は無いと思いました。ヽ(*^^*)ノ

ツインリンクもてぎ(帰路編)

3部構成でお送りしたツインリンクもてぎシリーズも、今回が最後の帰路編になります。不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

じゃんけん大会も目立った戦果を得ることができず、後ろ髪を引かれながら帰路につきます。
しっかし、ジムカーナは楽しそうでした~いつかやってみたいものです。

20140909_01.jpg

13半過ぎにツインリンクもてぎを出発し、下道を90分かけて那須ICに到着してそこから高速に乗ります。既に3時近かったんで、那須高原SAで遅めのお昼にします。

同じ那須高原SAでも上りと下りとでは雰囲気が大分違うもんですね。

20140909_02.jpg

中華にイタリアン、とんこつラーメンと沢山の中から選んだのは、「とん豚」さんです。日本人は黙って和食ですね。

20140909_03.jpg

9時の冷やしゆずラーメンから何も食べておらず、お腹がすいていたんで那須鳥を使ったチキンカツ定食に決定しました。ボリュームの割にはお値段も880円とリーズナブルです。

お腹パンパンになったんで、30分程仮眠をとりました。Zzzzz

スッキリしたあとは、200Km先の仙台目指して一気にGO!

20140909_04.jpg

・・・って思ったんですが100Kmほど走ったら睡魔に襲われたんで、吾妻PAで休憩を取ることにしました。休憩は大事です。σ(^_^;)

眠気ざましにアイスを食べて、目がシャキ!ってなりました。
白くまは美味しいですね。フルーのシャリシャリ感がたまりません。

20140909_05.jpg

吾妻PAから100Km走って、18時前に仙台に到着です。
本日の走行距離538.3Kmなり。O(≧▽≦)O ワーイ♪

20140909_06.jpg

高速メインとはいえイベントに参加して日帰りで540Kmを走りきりました。
今度、ツインリンクもてぎのイベントに参加するんだったら、テルマエロマエで有名な北温泉あたりに一泊してのんびり下道を走って帰りたいもんです。高速道路は距離は稼げるんですが、景色が単調なんだよね。

20140909_07.jpg

今回は長距離なんで天気が心配でしたが、お陰様で雨に当たることもなく快適なツーリングになりました。

南東北も大分制覇したんで、今後は北関東にも進出してみようかな。日光観光したあと、宇都宮に泊まりがけで餃子のハシゴでもしてみたいです。ヽ(*^^*)ノ

ツインリンクもてぎ(イベント編)

前回から引き続きツインリンクもてぎ(イベント編)の、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

開園は10時なんですがツインリンクもてぎの南ゲートが9時30分から開くんで、早めに駐車場に到着です。
駐車場にはイカニモって言う人やバイクが沢山並んでいました。
家族連れできている人も何組かいました。小さいうちからイベントに参加できるなんて楽しいんだろうなぁ。

20140908_01.jpg

ツインリンクもてぎって言うからサーキットなのかと思ったら、今回イベントが開催されたのは「南コース」と呼ばれる広いエリアでした。エリアの1/3を使用してジムカーナの大会?も開催されていました。

20140908_02.jpg

ジムカーナにはモタードは勿論、懐かしの2スト・レプリカやネイキッドで走ってます。しかも、この4人組は女子なのには(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!しました。ジムカーナで女子会って羨ましい限りです。

20140908_3.jpg

10時になりイベントの開会宣言です。月刊オートバイとROAD RIDERの合同ミーティングにRIDEがまぜてもらったような感じでした。そのためかRIDE編集長のS村さんは不在で、福山理子さんがステージに登ってました。

20140908_04.jpg

写真撮影やじゃんけん大会が始まるまで暫く時間があるので、会場を見て回ります。物販なんかも有ったんですが、目立っていたのはコレ!
垂直におっ立ったエクストリーム用のバイクです。お願いすると、垂直ウィリー状態に跨がらせてくれるそうですが、腹筋10回がリミットの不良おやぢはパスしました。モムーリ?o(゚Д゚)っだって。

20140908_05.jpg

ショップの展示にCBのフル・カーボン、全身カスタマイズ・マシンがありました。憧れと言うより、ただただすんごいって言う感想です。コレでもかーって位に手が入れられているのでイイモノ見せて貰いました。

20140908_06.jpg

合同ミーティングにはホンダが協賛しているらしく、ニューモデルを試乗することができました。
試乗できるのは、以下の9台です。
◯NM4-01/02
◯CB1300SB
◯VFR800
◯CB650F
◯VFR1200X
◯CTX1300
◯F6B
◯F6C
◯CB250F

この中で一番興味があるのが、NM4です。アキラ世代なもんで、バイクのデザインもココまで来たかって言う感じです。ギアチェンジはスクータの様なベルトドライブではなく、DCTなんで走りに期待が持てます。

20140908_07.jpg

カウルにビルトインされたバックミラーが気分を盛り上げます。

気分アゲアゲでコースインした瞬間、あれ? これ、曲がらん・・・(゚Д゚;)
フォワードステップに慣れておらず、ニーグリップも出来ないんで普通のバイクのような体重移動ができません。
クルーザーに乗り慣れた人には良いかも知れませんが、通常のバイクから乗り換えると違和感ありありでした。

20140908_08.jpg

次に興味があったのが、新しくなったVFR800です。鼓動感があるV4エンジンと、ツアラーとスポーツの中間のようなスタイリングが魅力です。

VMAXと同じV4エンジンですが、VMAXほどには鼓動感がなく並列4気筒に近い回り方です。通常のネイキッドと比較するとハンドルが低く、ステップが高く、ゆったりとした感じはあまりありません。日本の町乗り速度レンジよりも欧州のハイスピードクルーズに速度レンジを合わせている感じです。日本で乗るなら高速道路が快適な感じでした。
スクリーンが思ったほど大きくなく、運転していて視界に入ることがなかったので好感が持てました。

20140908_09.jpg

CB650Fに試乗する前にCBR1000RRに試乗しましたが写真を撮るのを忘れました。σ(^_^;)アセアセ...
まあ、名前にRが3つも付いているを見ても分かるとおり、ザ峠スペシャルでした。もう、おじさんの手に負えるシロモノぢゃないです。たぶん、600cc位の方が楽しめそうです。

って、事でストリートファイターのCB650Fに試乗です。

いやー軽い軽い! 400ccクラスの車体に650ccのエンジンが乗ってるし、ネイキッドなんで町乗りには最適です。バイク便なんかに人気が出そうな感じでした。軽いってイイですね。ヒョイって気軽に走りに行きたくなります。

20140908_10.jpg

いろんなタイプのバイクに試乗しましたが、自分のバイクの良さを再認識できました。乗り味が無くてツマラナイとか癖が無くて大型初心者向きとか言われるCB1300ですが、乗り比べてみると全ての項目が高い次元でバランスしている事が分かります。流石はホンダのフラッグシップです。素晴らしい。(⌒^⌒)b

調子にのってホンダの試乗会でバイクを乗り回していたら、RIDEの記念撮影に参加出来ませんでした。ヽ(;´Д`)ノ

-------------------------------------------
午前最後のイベントはエクストリームです。

んまぁースゴイですねー口を開けて(´○`; ポカーンです。
訓練すると、ここまでバイクをコントロール出来るようになるんですね。

20140908_11.jpg

ウイリーしながらくるくる回ります。ウイリーすら出来ない、不良おやぢにとっては夢のような光景です。

20140908_12.jpg

更にテールスライドさせながら人を軸にぐるぐる回転します。ダートで軽量なオフローダーなら何とか想像できますが、グリップ抜群のアスファルトに重量級の4発マシンでテールスライドなんでよほどバランス感覚が優れてないとスリップダウンしちゃいそうです。

20140908_13.jpg

マシンのリア回りを見たらびっくり! キャリパーが3つも付いていました。どんだけストッピングパワーが必要なんだ?w( ̄o ̄)w オオー!

20140908_14.jpg

ストッピーもこのまま凄い距離を移動します。貧乏性の不良おやぢは、Fフォークのシールが破れてオイルが漏れないか心配になっちゃいました。

20140908_15.jpg

午後のじゃんけん大会では全敗で収穫なしです。o(;△;)o エーン
同じ人が何個も景品をゲットしていたんで、じゃんけんが強い人は確実にいるようです。

雑誌の個人撮影もノーマル然とした不良おやぢのバイクでは気が引けるんでパスして帰ることにしました。
日の出ている内に仙台に到着したいので、14時にはツインリンクもてぎを撤収です。

次回、ツインリンクもてぎ(帰路編)に続く

ツインリンクもてぎ(移動編)

WEB RIDEを見ていたら読者合同ミーディングが開催されると言う事で、参加してきた不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

合同ミーディングが開催されるのは栃木県にある「ツインリンクもてぎ」で、仙台から約280Kmの距離にあります。高速道路を走るのは220Kmですが、下道が60Km程があるので合計4時間弱の道のりです。

金曜の夜に出張先から戻ってきて、明日の準備をします。天気が気になって何度も目が覚めちゃいました。遠足前と同じですね。(⌒∇⌒)

懸案だった天気も晴れて、朝日と共に5時に出発しました。朝靄の中を走るのは何年ぶりだろう。ご来光と一緒に走ると気分アゲアゲです。思わず、ライジングサンをくちずさんぢゃいますね♪

20140906_01.jpg

2時間走って200Km先の那須高原SAに7時到着しました。初めての休憩ですが、既に栃木県に突入です。
朝早かったけど、反対側の車線は以外とバイクが走っていました。みんなツーリングの時は朝早いんですね。

20140906_03.jpg

SAの駐車場には隼が1台駐まっているだけでした。みんなノンストップで走ってるんだろうなぁ。
那須高原SAにはETC出口があるんで、ここから「ツインリンクもてぎ」まで下道を走って向かいます。

20140906_02.jpg

下道を60Km走って9時前に道の駅もてぎに到着しました。ここから会場まで5分程なんで、10時の開園に合わせてここで時間調整する人が多いようです。

20140906_04JPG.jpg

道の駅の中にはホンダのお膝元らしくRC212Vが飾られていました。

20140906_06.jpg

後ろから見るとスンゲーケツ上げです。こんな素晴らしいマシンを道の駅に来るだけでみられるなんて、もてぎの人はうらやましい限りです。

個人手には前モデルのエンジンがV5の方が好きなんですけどね。

20140906_07.jpg

朝ご飯は4時に軽く食べたんですが9時にもなるとお腹がすいてきました。サーキットにいっても食べるものがないと判断して、道の駅で2度目の朝ご飯を取ることにしました。

来る途中、道の駅もてぎの名物は「ゆず塩らーめん」と言うのを聞いたので、それを食べることにしました。朝9時とはいえ既に暑いので冷やしを注文です。

20140906_08.jpg

さっぱりとした塩味のスープに野菜が乗っています。ゆずの酸っぱさと相まって、なんか漬け物の様でした。
あまり冷やしらーめんは食べないんですが、これもありです。

20140906_09.jpg

半分ほど食べたあとに、ゆずたれを一回しかけると、ゆずの香りが増して更に美味しくなります。うまひーヽ(*^^*)ノ

20140906_10.jpg

お腹も一杯になったんで、待望の「ツインリンクもてぎ」に向かうことにしました。

次回、(イベント編)に続きます。

哲麺

十和田に出張に行ったときには必ず食べるモノがあります。不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

お昼は合同庁舎でかつ丼かカツカレーなんですが、夜は「哲麺」に行くことが多いです。場所は旧4号線と官庁街通りの交差点にあります。

提灯に三十代目ってあるけど、本当? 20年ごとに代替わりしたとしても30代×20年で600年です。日本は何時代だっけ?(゚Д゚;)

201405_1.jpg

そんなミラクルな哲麺ですが、らーめんの値段もさることながら替え玉50円は非常にリーズナブルです。しかもこれ税込みの値段なんだよね。

博多らーめん風なんで麺の堅さ、味の濃さ、脂の多さを選ぶことができます。そんなに来る機会があるわけぢゃ無いんで、いつも全部普通でお願いしちゃうんだけどね。(^_^;)

201405_2.jpg

以前、「とんこつ(醤油)」と「とんこつ(味噌)」を食べたんで、今回は「とんこつ(塩)」にしました。真っ白なスープがはとんこつと言うよりも白湯みたいです。塩のせいかとんこつなりのコッテリ感はありますが、ギトギトした感じはありません。
トッピングなしで500円はお値頃です。

201405_3.jpg

無料トッピングとしては、定番の辛子高菜、紅ショウガ、ゴマなどが揃っています。頼めばにんにくも出てきます。

201405_4.jpg

出張に来たときに立ち寄る要因の一つが、この平日無料券です。

201405_5.jpg

50円とはいえ普通に一玉分あります。それがクーポンがあると無料なんですよね。

201405_6.jpg

500円の晩ご飯を食べて、大満足でホテルに向かいました。

とんこつが嫌いな人以外には、平日の「哲麺」はお勧めです。(⌒~⌒)ニンマリ

極上親子丼

8月最終週は仕事で秋田県大館市に行ってきた、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

仙台はジットリとした天気ですが、大館はカラッとした秋の天気で朝晩は上着が必要な程でした。ホント、東北は夏祭りが終わると秋が駆け足でやってきますね。

折角の大館なんで、お昼ご飯は美味しいものを食べに出かけました。

大館と言えば「比内地鶏」
比内地鶏と言えば「親子丼」
親子丼と言えば「秋田比内や」

と言うことで、お昼ご飯は大館で有名な「秋田比内や」に決定です。

IMG_0279.jpg

入り口のメニューを見てビビってしまいましたが、滅多に来ることは無いので勇気を出して入店です。

「親子丼コース」が2500円、「極の付親子丼」が2000円・・・お昼ご飯の値段ではありません。Σ(゚д゚lll)ガーン

お財布と相談しながら、何とか「極上親子丼」の1300円を注文です。

IMG_0278.jpg

暫く待つと、お盆に乗って運ばれて来ました。親子丼に味噌汁と定番のいぶりがっこがついます。
それでは、極上とご対面ーん、パカッ!

IMG_0276.jpg

(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!
素晴らしい!半熟玉子がつやつやしてます。比内地鶏も弾力があり、出汁が効いてる玉子にマッチしてます。
値段の刷り込みがあるとはいえ、やはり美味しいですね。
流石、本場で食べる比内地鶏はひと味違います。

IMG_0277.jpg

帰りにレジでお金を払っていると、「極上親子丼」の半額クーポンがありました。半額だと650円とリーズナブルなお値段になります。最初は正価で食べて、次からは半額で食べるのが正解なんですかね。

また、大館に来ることもあると思うので、取りあえずクーポン券はありがたくゲットしました。
次に大館に来る楽しみが増えました。(o^∇^o)ノ

| ホーム |


 BLOG TOP