カウンター

プロフィール

不良おやぢ

Author:不良おやぢ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

磐梯山ツーリング

最近、噴火が多発しているのが気になります。大きな地震につながらなければ良いのですが・・・不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

日曜なのに朝早くから目が覚めたんで、取りあえずツーリングに出発です。8時には出発したんで、ちょっと遠いけど喜多方ラーメンを食べに行くことにしました。

下道を3時間半走って、喜多方市の市役所に到着です。休日は観光客向けに駐車場を解放しているんで、沢山のバイクが駐まっていました。

20150530_01.jpg

市役所横の公園を突っ切ると喜多方ラーメンで有名な「坂内食堂」があります。11時30分頃に到着しましたが、既に15人ほどの待ち行列ができていました。いつ来ても人気です。

20150530_02.jpg

支那そばを注文です。本当は大盛りにしたかったんですが、+250円は高くないですか?

20150530_03JPG.jpg

透き通ったスープに太縮れ麺。脂身たっぷりのチャーシュー。これぞ喜多方ラーメン!です。

20150530_04.jpg

今回は普通盛りなのでスープまで完食しちゃいました。美味かったです。(o^∇^o)ノ

20150530_05.jpg

帰りは磐梯3スカイラインを乗り継いで福島市に抜けます。天気は良いんですが、意外に気温が低くて手がかじかんできました。

17時以降は土湯ゲートが閉じて通行止めになるようです。

20150530_06JPG.jpg

浄土平の駐車場から火口が見えます。今日はあまり噴煙が出てませんでした。

20150530_07.jpg

浄土平-高湯間では「窓を閉めて走行してください」「ガス注意。駐車禁止」のエリアです。今日は風が強いんで、ガスの匂いは感じませんでした。気分的に息を止めちゃうんだよな。

20150530_08.jpg

お約束の「あったか湯」で、山越えで冷えた体を温めます。
泉質は硫黄泉で鳴子の「滝の湯」のような感じでとてもお気に入りの共同浴場です。無料の休憩場所もあるんで、少し仮眠しちゃいました。(~△~) ネム・・・

20150530_09.jpg

帰りは、高速道路を使ってバビューンって帰ってきました。
8時に出発して17時半に到着して、本日の走行距離は372Kmです。CBのタンクはデカイんで、無給油で400Kmは走れます。

いまの季節は夕方でも明るんで長い時間走れます。梅雨になる前に走り貯めしておきます。v('▽^*)ォッヶー♪
スポンサーサイト

寒河江温泉ゆ~チェリー

前日の真夏日から4℃下がり過ごしやすくなったので、温泉に出かけた不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

仙台市内から国道48号線を走って山形県に向かいます。東根市を経由して天童市に向かい、最初の道の駅で休憩です。

道の駅「天童温泉」と言う名前から期待したんですが、残念ながら温泉はありません。紛らわしいなぁ。(;´Д`A ```

20150524_01.jpg

その代わり、隣に足湯があるので貰い湯をさせて頂きました。湯温は適温で長湯できました。

20150524_02.jpg

珍しく、隣に座っていたおじいちゃんが話しかけてきました。なんでも、若い頃にバイクで日本一周を目指したけど栃木でピストンが吹き抜けて諦めたそうです。山形を出て茨城で終わるなんて、現代なら日帰りコースですね。

でも、若い頃に色々やっておくと、年を取ったときに思い出になるんでイイですね。不良おやぢも、まだまだがんばらなきゃって思いました。

20150524_03JPG.jpg

天童市から西に15Kmほど走ると、目的の寒河江市があります。

目的の「ゆ~チェリー」にトーチャコです。
今回は珍しく鄙びた旅館ではなく、センター系の豪華な温泉です。

20150524_04.jpg

ここはセンター系には珍しく、源泉掛け流しの温泉なんです。しかも、異なる源泉を3本も楽しむことができちゃいます。
値段は350円と大変リーズナブルなのも嬉しいですね。

20150524_05.jpg

中には売店や簡易休憩場所もあります。

20150524_06.jpg

中に入ると30人分のカランがあります。健康ランドや極楽湯のような作りですが、源泉掛流しなんでプールのような塩素臭はしません。
内風呂は大きな湯船が2つ並んでいて、向かって左側は透明ですが硫黄の匂いがします。右側はモール泉で透き通った茶色ですが匂いはありません。露天風呂は白濁したお湯ですが、匂いはあまりしませんでした。

3種類の源泉をじんぐり巡回して、1時間半も入ってました。気持ち良かったー( ´△`)アァ-

20150524_07.jpg

温泉から上がると、お腹がすいたので併設しているレストランでお昼にします。

20150524_08.jpg

注文したのは山形名物「冷たい ひっぱり笹きりうどん」です。麺はヤクルト麺の様な緑色しており、冷たいうどんなので食べごたえが有ります。

自宅でも休みの日はにはひっぱりうどんをやりますが、冷たいのも美味しいですね。

ごちそうさまでした。(-∧-;)

20150524_09.jpg

外に出ると、雪景色の山が見えました。方向からすると月山でしょうか?

20150524_10.jpg

帰りは286号線を通って帰ってきました。

本当は蔵王温泉に行きたかったんですが、エコーラインがまだ通行止めなんで、同じ山形でも初めての寒河江市まで足を伸ばしてみました。
仙台から片道90Kmとそんなに遠く無いんで、また訪問したいと思います。

南海部品仙台 バイクフェスタ

南海部品仙台店のバイクフェスタに自転車で行ってきた、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

宮城県オートバイ事業協同組合が主催しているイベントで、各社のバイク試乗や中古車販売がありました。

20150523_01.jpg

試乗車はしませんでしたが、ヤマハのMT-07が一番のお気に入りです。ホンダのNCシリーズと同様にパーツの共有化を図って低価格で販売していますが、安っぽさがありません。大きさが丁度良くて、上位機種のMT-09よりも好感がもてます。

20150523_02.jpg

あと、BOLT C-Specです。MT-07と同じヤマハですが、ジジイになるとクルーザーも気になります。ですが、ただのクルーザーでは物足りなくてセパハンとシングルシート(カバー)がイカしてます。

20150523_03.jpg

中古車で気になったのは往年のゼファー1100です。黒いエンジンからファイナルに近いと思いますが、10年近い車種が100万以上のプライスを付けているのは人気があるからなんでしょうね。

20150523_04.jpg

そしてゼファーのオマージュの元となったZ1の中古車もありました。コレでもかーってくらいカスタムされてます。値段は高いんだか安いんだか分からない220万なり。
不良おやぢ的には「ここまでするならゼファーでイイんぢゃね?」って思っちゃいます。ノーメンテだと、怖くて100Km以上は出せないなこりゃ。(゚Д゚;)

20150523_05.jpg

輸入車ではKTMが目に付きました。KTMと言えばDukeが有名ですが、気になったのはフルカウルのRC125です。
この車体で125ccなの?ってくらいデカイです。隣に見えるのは排気量が3倍以上あるRC390ですが、大きさがほぼ変わりません。

125ccだと原付2種に分類されるため、保険料が自動車保険で安くカバーできるんで人気がありますよね。ただ、高速道路を走れないのが欠点です。

20150523_06JPG.jpg

アドベンチャーモデルの様なクチバシとプロジェクター2灯が精悍な面構えです。

20150523_07.jpg

帰ってからバイクのメンテしたんで、明日は走りに行こうかな。(o^∇^o)ノ

鬼首温泉 峯雲閣

天気が良かったんで行き先も決めずにバイクで出かけた、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

いつもより早く出かけたんで、鬼首温泉の峯雲閣に行くことにしました。ここの日帰り温泉の入浴時間は10時から13時と、宿泊客優先なんで短いんですよね。

通い慣れた鳴子温泉を過ぎて、48号線から108号線を秋田方面に向かうと鳴子ダムがあります。
デッケー、キレイー!

20150517_01.jpg

鳴子ダムから10Km程走ると鬼首温泉があります。一番奥まった場所に目的地の「峯雲閣」があります。

20150517_02.jpg

玄関を入ると気さくな店主が話しかけてくれます。脱衣所は鍵付ロッカーが無いので、貴重品は店主に預けることになります。

20150517_16.jpg

脱衣所から先は撮影禁止なんで、カメラもここで預けることにしました。そのため、この先はパンフレットの写真を拝借しました。

内湯は1つだけで、無色ですが湯ノ花が漂っておりかすかな硫黄臭があります。アルカリ性なのか、お肌がツルツルになります。

20150517_04.jpg

内湯で体を温めたら、そそくさと外にでます。すると、川沿いに長方形の露天風呂があり、2~30人は入れそうな大きさです。この日は5~6人の先客がいらっしゃいました。

20150517_05.jpg

一番の醍醐味は、露天風呂の奥にある滝の温泉です。この日の温度は適温で40℃位でしょうか。いつまでも入っていられました。
滝壺も深くないので、滝の打たせ湯も可能です。水しぶきでマイナスイオンが充満しており癒されます。

入湯していた人が話していましたが、夏になると湯温が上がるしアブも出るので、5月から初夏までが一番良い季節だそうです。

あー気持ち良かった。( ´△`)アァ-

20150517_06.jpg

峯雲閣の近くに有名な間欠泉があります。一度は見たいと思っていましたが、入場料が400円かかるんであえなく撤収しました。

20150517_07.jpg

400円をケチった訳は、ここのお昼ご飯を食べたかったからです。

20150517_08.jpg

以前、鳴子の「農民の家」に入湯したときに、「あ・ら 伊達な道の駅」に入っているレストランのカレーバイキングが絶品だとの話を聞いていたんで、今回チャレンジしてみました。

20150517_09.jpg

カレーだけでなく、お惣菜やスープも沢山の種類がありました。量より品数が楽しめます。

20150517_10.jpg

まずは目的のカレーです。

豆カレー(辛い)と野菜カレーをあいがけにしてみました。
うーん、いい匂いだわ。食欲がそそられる~

20150517_11.jpg

プレートにお惣菜を取ります。惣菜の種類はこれの倍はありました。

20150517_12.jpg

更に、ここぞとばかりにサラダも大盛りです。

20150517_13.jpg

貝カレーをお変わりしたのとプレートのお変わりをした時点で、お腹がギブアップです。
カレーはご飯を十字に盛ることで4種類のカレーを一度に楽しめるのを、後で気がつきました。(;´▽`A``

お腹はパンパンですが、冷たいデザートは食べられます。
デザートまで付いて、税込み1000円は安いですね。また、来たいと思います。

20150517_14.jpg

駐車場にはこんなバイク?が駐まっていました。実は3輪車扱いなんで、自動車免許で運転できます。オープンカーと同じようにヘルメットをかぶる必要もありません。
でも事故ると一発アウトなんで、ヘルメットをかぶって欲しいものです。

20150517_15.jpg

食と温泉をダブルで楽しめたんで良かったです。
でも、バイキングを食べたあとはお腹がタンクにつっかえて苦しーヽ(;´Д`)ノ

バイキングを食べるときはくるまの方が良いです。きをつけなはれや。v(*'-^*)-☆ ok!!

小野川温泉(山形県米沢市)

大型連休ボケが直らない、不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

今年は8連休もの大型連休を取得したんで、2日程度の出社では社会復帰出来ません。連休ボケをリセットするために温泉に入りに行くことにしました。

とりあえず蔵王エコーラインや磐梯吾妻スカイラインは通行止めなんで、山間部に向かわず白石市から七が宿街道を通って山形米沢市に向かいます。

最初の休憩場所は、山形県の「道の駅たかはた」です。天気よかったんで、沢山のバイクとすれ違いました。

20150505_01JPG.jpg

ドゥカティ パニガーレも駐まっていました。イヤー、カッコイイですね。複数台所有できるなら、こんなスーパースポーツも乗りたいものです。
でも、セパハンとシートの高さが同じ位なんで、長距離を走ると背筋が筋肉痛になりそうですね。(゚Д゚;)

20150505_02.jpg

ちょうど12時に米沢市にある「山大前 やまとや」に到着です。1家族が待っているだけだったので、すぐに入店することができました。ラッキー

20150505_03.jpg

注文したのは定番の「中華そは」です。米沢市内には「やまとや」が何店舗かありますが、ここの味が一番濃くてお気に入りです。何度食べても美味い!

20150505_04.jpg

さーて温泉ですが、米沢市から行ける温泉は、小野川温泉や滑川温泉、赤湯温泉なんかがあります。
そう言えば小野川温泉はご無沙汰してるんで、久しぶりに「露天風呂小町の湯」に入湯することにしました。

「やまとや」からは20分くらい到着です。めちゃくちゃ近いです。

無人の露天風呂ですが、料金箱に代金の200円を投入して中に入ります。

20150505_05.jpg

天気が良いんですが、壁のせいで開放感は少ないです。
お湯は透明ですが湯ノ花が浮かんでおり若干硫黄の香りがします。

しかし、湯温の熱いこと熱いこと。44℃はあろうかと言う感じです。少し入っては体を冷やすのを30分ほど繰り返してました。それでも、最後はゆでだこみたいに真っ赤になっていました。(;´д`)ゞ アチィー!!

20150505_06JPG.jpg

帰りは山形市まで北上し、山形自動車道から東北自動車道を経由して帰ってきました。

20150505_07.jpg

パニガーレもカッコ良いけど、ツーリングにはCBが良いですね。並列4気筒のスムーズな回転とハーフカウルの整流効果で高速道路もチョー楽ちんでした。ヾ(=^▽^=)ノ

鶴の舞橋

GWイベント第二弾、鶴の舞橋を見に来た不良おやぢです。ドモ ヾ(’-’*) ド o(’▽’)o モ (*’-’)ノ ドモ

鶴の舞橋は鶴田町にある津軽富士見湖にかかる、木造のアーチ橋では日本一長い橋です。ちなみに、津軽富士見湖の正式名は「廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)」と言うため池です。ため池を囲む堤長は延長4.2kmもあって、こちらも日本最大の長さだそうです。

鶴田町に日本一が2つもあるのは(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!しちゃいました。

20150503_01.jpg

湖畔では桜祭りを開催してます。ソメイヨシノは既に葉桜になっていましたが八重桜を楽しめました。

20150503_02.jpg

橋の途中にある踊り場から望む岩木山です。鶴田側から望む岩木山は1つ山でまるで富士山のように綺麗ですね。

20150503_03.jpg

鶴の舞橋を堪能したあとは、黒石焼きそばを食べに向かいます。

本当は秋元食堂に行ったんですが、店主が入院されたとの張り紙が貼られていました。再開は未定とのことです。
黒石焼きそばの中では一番のお気に入りなんで、病気を克服して再開して欲しいものです。

20150503_04.jpg

次に向かったのはこみせ通りの向かいにある「すずのや」さんです。

20150503_05.jpg

メニューは焼きそば、つゆ焼きそば、化けやきそばの3種類のみです。
化け焼きそばにも興味があったんですが、王道の焼きそばを注文します。

20150503_06.jpg

お腹がすいていたんで大盛りを注文しました。普通盛りが450円で大盛りは100円増しとリーズナブルなお値段です。
量は倍くらいも違いますので、大盛りがおすすめです。

特性のタレは美味しかったんですが、麺が少しぱさついていました。同じ平太麺ですが秋元食堂のようなもっちり感が少ないのは残念でした。

20150503_07.jpg

今年の桜は記録的な早咲きだったんでGWには桜が既に終わっていましたが、天気にも恵まれいろいろと楽しむことができました。(o^∇^o)ノ

でも子供達も大きくなりそれぞれの都合があるんで、家族揃ってのイベントが難しくなったのは寂しい限りです。

三沢航空科学館

GWは三沢航空科学館に行ってきた、不良おやぢです。ドモ ヾ(’-’*) ド o(’▽’)o モ (*’-’)ノ ドモ

Rは部活でカミサンは仕事なんで、Tと2人で三沢まで行ってきました。

みちのく有料道路を経由して「道の駅おがわら湖」で休憩です。GWのせいか結構人がいました。

20150504_A01.jpg

みちの駅を出たら小川原湖の畔を走って「三沢航空科学館」に到着です。
大分久振りの来訪です。今回で3回目ですかね。なんか函館みらい大学みたいな外見です。

20150504_A02.jpg

科学館は三沢空港と米軍基地に隣接しています。フェンスの向こうはアメリカなんですよね。
沖縄県では基地問題で揺れていますが、同じ米軍基地を持つ青森県は大人しいもんです。県民性の差なのかな?

20150504_A03.jpg

屋外には沢山の飛行機が展示しており、今回一番気になったのはP-3です。
中がすんごい豪華で空飛ぶ応接室って感じです。やはり、民間機と作りが違うなぁ。

20150504_A04.jpg

コックピットも公開しています。もう何が何だか分からない位計器があります。

20150504_A05.jpg

科学館の前は大空広場になっていて無料で入場することができます。屋外展示の飛行機もタダで見られるし、中に入らないで外でお弁当を広げている家族も沢山いました。ドックランまであるんで、愛犬家には絶好の遊び場です。

20150504_A06.jpg

建物に入ると「零戦と堀越二郎」展が開催れています。なんと、この展示も無料で見ることができます。
零戦の活躍や堀越の手書きのメモなど、興味深い資料が沢山展示されていました。

20150504_A07.jpg

中は撮影禁止ですが、知らなかったんで入り口で1枚撮ってしまいました。(;´▽`A``
永遠のゼロや風立ちぬとコラボしています。

20150504_A08.jpg

期間限定で通常展示の他に、特別展示があります。特設展示を見るためには通常料金+400円が必要になりますが、折角なんで特設展示の料金も払って入場しました。

建物の奥にパーテションで区切られた特設展示場があります。零戦を展示していますが、残念ながらレプリカです。

20150504_A09.jpg

でも、スケールは実物と同じなんで大きさを体感することができます。戦う飛行機はコンパクトなんですね。

20150504_A10.jpg

こっちは、十和田湖から引き上げられたのがニュースにもなった練習機です。

20150504_A11.jpg

十和田湖から引き上げられたエンジンとかも展示してましたが400円の価値は見いだせませんでした。リピートは無いな。

通常の展示物には変わりがありません。でも、Tも大きくなって子供の時とは違う目線で楽めたようです。
良かった。(o^∇^o)ノ

20150504_A12.jpg

二階の模型コーナーにはラプターの模型が展示されていました。最新モデルまでフォローするなんて感激です。

20150504_A13.jpg

世界初のステルス機として1981年に初飛行を行ったF-117 ナイトホークです。
今までの固定概念を覆したデザインが素晴らしい。しかもマッハで飛行できるのはもっと素晴らしい。
不思議な魅力がある飛行機です。

20150504_A14.jpg

帰りは、七戸町から田代平を経由して山越えで帰ってきました。

久しぶりの三沢航空科学館は楽しかったです。
今度は仙台市科学館にでもいってみようかな。

| ホーム |


 BLOG TOP