カウンター

プロフィール

不良おやぢ

Author:不良おやぢ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

肘折温泉(湯治ツーリング)No.3

湯治中の不良おやぢです。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ

肘折温泉は朝5時から朝市が開かれますが、温泉疲れで熟睡してたので起きられませんでした。

朝ご飯は8時なんで、7時半頃に起きて待ち構えます。晩ご飯は質素だったんでお腹ペコペコです。(^▽^;)
運ばれてきた朝ご飯も、これまた質素です。精進料理ではありませんが、湯治にはこれくらいが丁度良いかも知れませんね。

20151018_01.jpg

朝ご飯も食べたことだし、旅館の目の前にある共同浴場の上ノ湯に入湯しにいきます。ここは旅館から無料券を貰うことができるので、タダで入湯できます。

20151018_02.jpg

既に先客が居たのでお風呂の写真はありません。「カルデラ温泉館」とは事なり、無色透明のお湯で、飲泉できるようにお湯の出口にはコップが置いてありました。飲んでみるとかすかな硫黄臭があります。

20151018_03JPG.jpg

30分ほど汗を流した後、近くの神社でお参りをしてから旅館に戻ります。温泉街らしく朝から浴衣で散策している人もいました。
ゲタの音が温泉街に響いて良い雰囲気です。

20151018_04.jpg

外から戻って、もう一度金魚の湯に入ろうとしたら「女風呂」の立て看板が立っていました。昨日の夜中に入っておいて良かったです。
部屋に戻って一眠りして、10時半に旅館を出発します。女将さんから「金魚風呂は入れましたか?運悪く入れない人もいるんですよね」っておっしゃってました。泉質は岩風呂と同じですが、名物だから金魚の風呂にも入りたいですよね。

西本屋旅館は泉質も良く、安価で宿泊できるのでまたおじゃましたいとおもいます。(´・ω・`)/~~

天気が良く澄んだ空気の中出発しました。

20151018_05.jpg

肘折温泉から30キロほど離れた「次年子(じねご)」に向かいます。「次年子(じねご)」とは 余りにも雪深い為、年末に生まれた 子の出生届が翌年になる・・・と言った意味合いから名付けられた地です。

次年子には盛りそば食べ放題の「七兵衛そば」があります。開店は11時ですが、11時20分に到着したときには41番で店の外には30人ほど待っていました。後から来た人は「100番過ぎじゃないからまだ早いほうだな」って行ってました。
お店に置いてあるパンフレットを見ると1日の最高は500組だそうです。w( ̄△ ̄;)wおおっ!

20151018_06.jpg

1時間ほど待ってやっとの想いで入店です。長テーブルが5個あり1つには10人ほど座れるので50人は店内にいる計算になります。

20151018_07.jpg

最初は漬け物だけが運ばれてきて、暫くすると盛りそばが着丼します。右の器には大根のおろし汁が入っており、つけダレで割って食べます。

そばは短めの田舎そばでコシがあってとても美味しかったです。大人だと三杯はいける書いてましたが、四杯食べてもまだイケそうです。
中々来る機会無いんで5杯目お願いしちゃいましたが、意外と厳しかったです。漬け物がしょっぱくて、味を変えて何とか食べきる事ができました。
最近、食が細くなったんで5杯が限界です。(;´Д`A ```

お値段1080円で、味も量も大満足でした。

20151018_08.jpg

他の人は美味しそうに「そばソフトクリーム」を食べていましたが、もう何も入りません。ガソリンタンクにお腹を押されてながら、何とか跨がることができました。

20151018_09.jpg

帰りは国道347号線(中羽前街道)を紅葉を見ながらユックリ帰ってきました。2日間の走行距離は250Kmといつもの日帰りと変わらない距離でした。

土日2日間を有意義に湯治で過ごして大満足です。可能なら2泊3日、いや3日4日を湯治で過ごしてみたいものです。
東北には湯治文化が沢山残っているので、またチャレンジしたいと思います。ヽ(*^^*)ノ
スポンサーサイト

<< 幸せの黄色いハンカチ | ホーム | 肘折温泉(湯治ツーリング)No.2 >>


コメント

1泊2日かー。おいくら?
どうせだったら長逗留したいですよね。酸ヶ湯とかで。

素泊まりは4100円(税込み)ですが、食事付の5900円(税込み)を選択しました。

コンロの使用料が無料だったり冷蔵庫が使えますから、車で行くなら米や食材を持ち込めば素泊まりでも十分です。台所でレトルトカレー作っている人もいましたから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP